SUPER FORMULA NEXT ”1/50” にこだわってみるブログ

日本のトップフォーミュラを観に行こう!

白虎 COFFEE どうでしょう

先週末に近所の珈琲ショップに行きました。そのとき珈琲と一緒に出されたコースターをみて「おっ!」と思いついてつくってみたのがこのコースターです。もっといい白虎の写真があれば良かったのですがそこは「試作」ということで今回は目をつぶります。

コースター用写真としてもっと映える写真を撮って、次回作では差し替えようと思います。また赤虎の写真が撮れたらぜひ次回は赤虎バージョンもつくりたいと思います。

 

イギリスやアイルランドのパブに行くと必ずパブ・コースターがテーブルにあります。地域やお店や扱っているビール・ウイスキーの銘柄によって絵柄が異なります。色々な絵柄があって結構楽しるためコレクションする人や、旅の思い出にベスト!なものを持って帰る人もいます。

 

「白虎COFFEE」ですから、代金の一部が寄付金で SF NEXT50 に活用されるとか。そんなことも良さそうな。場内の既存の珈琲販売会社さんの売り上げを奪わないように、その分チョイお値段が高い設定でも。コースターは、できれば毎ラウンド違う絵柄がいいですね。この裏にドライバーさんのサインをもらっちゃうとか。

 

初期コストがあまりかからない方法で「白虎COFFEE」どうでしょう

昨年、ダイハツが新型ハイゼット発売と同時に、2022年中ごろから移動販売ツールとしてハイゼットの荷台に「荷箱」と呼ぶ箱型簡易組み立て店舗を載せてレンタルする「Nibako」プロジェクトを発表しました(下図)。先日、そのサービス開始がアナウンスされていました。

キッチンカーやフードトラックなど、見ていると色々あって面白いですが、やっぱり採算が取れるのかが難しそうです。オフィス激戦区で売り上げが見込める場所でも商売になる時間は限られるし、コロナとテレワークで社食がなくなった事業所などが多い郊外だと、移動時間が多いわりに売れる数が少ない。

それだけに初期コストは小さく、ニッチなもので、売れる場所で、売れる数だけ売り切る。そんな「白虎COFFEE」どうでしょう(笑)。

    出典:、モノ・マガジン 2022 3-2号 NO.888「ハイゼットの出番」 

 

 

パドックパスが復活@鈴鹿最終戦!ロルバーンでサイン帳をつくってみた!

パドックパス復活に向けて運用検証販売が決定!

9月16日、10月29日(土)・30日(日)に開催される、今シーズンSF最終決戦『2022年 全日本スーパーフォーミュラ選手権第9戦・第10戦 第21回JAF鈴鹿グランプリ』でパドックパス(2日間有効、リストバンドタイプ、運用検証販売)を実施するアナウンスがありました。

パドックパスは観戦券別で1万円と安くはないですが、ピットウォークパスが各日2,200円ですから、当日のみ有効のピットウォーク券を買う予定なら -2,200円で 7,800円になり、あるいは「ピットウォークが2日間できる料金込み」と思えば、パドックパスは実質 5600円ともいえます。ちなみに、前売観戦券(自由席・2日間共通)は 4,400円です。

  • パドックエリアへの入場には、パドックパスに加えてワクチン接種証明または陰性証明書のご提出が必要
  • パドックエリア、ホスピタリティテラス(ピットビル3階)、激感エリア
  • ピットウォークに参加できます(選手・チーム関係者にサインをもらう、物品の受け渡し等はできません)
  • パドックエリアでは、選手・チーム関係者との距離が1.5m以内の空間での滞在が15分以内であれば、選手・チーム関係者にサインをもらう、物品の受け渡し、一緒に写真を撮る等は可能です(※ピットウォーク中を除く)
  • 選手・チーム関係者との握手、肘タッチ、グータッチ、肩を組む等の身体的な接触行為はできません

販売価格    10,000円(3歳以上共通) ※別途観戦券が必要です
販売期間    9月18日(日) 11:00~ ※前売りのみ。当日販売はなし。

 

サインブックをつくってみた!(最終戦鈴鹿には行けないかもしれないけど・・)

    写真はタチアナ・カルデロン選手のサイン入りポストカード(@2021)

 

観戦に持っていける大きさでサインブックをつくってみました。このロルバーンは横型でちょうどポストカードが入るクリアポケット付きです。なのでポストカードや同サイズの写真にサインをもらって整理もできそうです。全体の半分ぐらいがクリアポケットバージョンもつくって欲しい。来年 2023年版は開催カレンダーも入れて、色々なレースにも行けたらいいなあ。

 

方眼ノート部分を半分ぐらいにして、ここに色々メモしていけば記録もいい思い出になりそう。レイザーラモンRG さんが取材時に何でも一生懸命書き込んでいたノートにも興味をひかれました。確か第3戦の鈴鹿の時でしたか、B-Maxのピット訪問時に松下信治選手から『ノートに何でもメモってるんですね』とつうっ込まれたときに『(エブロが)今秋に2022年エントリー全車のミニカーも発売すると聞きました』というディープなメモに、信治選手も『え~、知りませんでした(笑)』と受け答えしていましたね。

そんなネタノートもできそうです。

 

B6変型 ロルバーン ポケット付メモ 横型L 【ライトピンク】

省スペース 在宅ワーク 500941

こちらはノートタイプ。

デルフォニックス手帳 2023年版/2022年10月始まり】

ロルバーンダイアリー 横型L グレージュ

おぉー。あったらいいなと言ったら、横型でも 2023年版のダイアリー版が発売になりました。デスクサイズのダイアリー版は使ったことがありますが、これなら年間レースカレンダーを入れたり支出管理もできそう。カラバリがもっとあるといいですね。これを買おうと決めました!!

 

白虎をまじまじと見た@Rd.8 モビリティリゾートもてぎ戦

いま白虎のイラストを描いていて写真整理をしています。良い機会なのでRd.8 モビリティリゾートもてぎ戦の「NEXT50 ヴィレッジ」で撮影した白虎の写真をアップしました。これだけ間近で開発中の最新マシンを見られるのもスーパーフォーミュラの大きな魅力だと思います。まずは写真公開、後日写真にコメントをつけようと思います。

 

フロントビュー

 

フロントサス、タイロッドのボディ側

 

フロアパネルの前端部分

 

ラジエーターとオイルクーラー側エアインテーク

 

炭素繊維プリプレグに代わるハイパフォーマンスでサステナビリティなコンポジット材料「Bcomp」

「Bcomp」のことがよくわかる動画

「Bcomp」を金型に張り込んでパーツをつくる様子がよくわかる動画

 

ボディ右側、ターボユニットへのエアインテーク

 

ボディ右サイドビュー

 

エキゾーストパイプ

 

リヤサス、ドライブシャフト、フロアパネルなど

 

リヤタイヤ直前のフロアパネルについている放射赤外線センサー

 

フロアエンドパネル、牽引フック、テールライト、ジャッキアップポイント、スターターの差し込み口が見える

 

ボディ左サイドのエアアウトレット

 

ボディ左サイドビュー

 

ボディ左側エアインテーク

 

テレメトリング 、ラジオ無線アンテナ

 

フロントサス、ブレーキエアダクト

 

フロントサスのアップライト上にもセンサーがある

 

フロントウィングの翼端板の調整穴

 

フロントウィング

 

宇都宮まで自転車旅(もてぎでキャンプ泊+レース観戦)なんてどうでしょう!?

     出典:Bicycle Club 2022年11月号 特集「自転車旅 再発見」


以前に『来年のもてぎ観戦は小径折りたたみ自転車を茂木駅まで輪行して行くぞ!』と言いました。先日、Bicycle Club 最新号の表紙にあった『宇都宮 ジャパンカップ観戦ガイド』をみて、サイクリストの私はふと思いました。

 

宇都宮まで自転車旅行もいいじゃないか』

「モビリティリゾートもてぎ」にはコースサイドキャンプ席がたくさんあります。「モビリティ」とはクルマやバイクに限りません。過去にホンダが作ったエンジン付き自転車も、これから作ろうとしている eVTOL もモビリティのひとつです。自転車もれっきとしたパーソナル・モビリティです。なので、自転車でキャンプをしてもいいんです!

※余談ですが、ホンダ(HRC)も 15年ほど前に自転車をつくっていたのをご存じでしょうか?ダウンヒル競技用のバイクを作って市販も検討していました。私は競技を観に行ったことがありますが、その開発コースは「ツインリンクもてぎ」内にあったと聞いたことがあります。

 

特集では千葉をスタートして江戸川自転車道を北上する「宇都宮 120キロ1泊ライド」コースを紹介しています。渡良瀬遊水池あたりまでの約 70キロは自転車道が完備されていて走りやすいというのです。正直なところ、私の家から「モビリティリゾートもてぎ」へ行くなら、このプランははあまり魅力的ではありません。でもこのプレゼン・コース、実に楽しそうです。サイクリングで宇都宮まで行くイメージやプラン作りには大いに役立ちます。サイクリングに慣れている人にとって 120キロはそんなに長距離ではありません。日が長い夏ならとても気持ちよく走れるはずです。

 

下の地図のまん中あたりを見てください。東京方面から行く場合、東京駅(または大宮駅)から東北新幹線に乗って「小山駅」で下車して JR水戸線下館駅へ行き、そこから真岡鉄道茂木駅まで行くのが一般的大多数かなと思います。下館駅から細い線で鉄道が伸びていますがそれが真岡鉄道です。モビリティリゾートもてぎは赤い「ろまんちっく村」の目印の右側のほうに位置しています。

      出典::Bicycle Club 2022年11月号 特集「自転車旅 再発見」

 

モビリティリゾートもてぎで自転車旅キャンプ!電動アシスト付き自転車ならかなり楽に行けるはず!

何がいいたいかというと、自転車で旅行をするのが好きな人が宇都宮サイクリング旅行の一部として「モビリティリゾートもてぎ」に立ち寄るプランも立てられるということです。ホテルで1泊も良いですが、もてぎでソロキャンプをしてレース観戦をするプランだってできそうです。東京方面から宇都宮まで片道 120キロ、2泊3日でもてぎでレース観戦+宇都宮観光の旅も楽しそうだと思うのですがどうでしょう?

最近は自転車のロングライドでソロキャンプをする人も増えているようです。夏キャンプなら軽装備ですみますから、ロードバイククロスバイクでもいけそうです。記事によると栃木駅あたりまでは平坦な道が多いようですが、『やっぱり自転車で 120キロは大変かな』と思う人は電動アシスト付き自転車があればかなり楽になるのではと思います。

ただテント泊はやっぱり雨が心配です。そこそこしっかりしたソロキャンテントを買わないと雨水の浸透対策で夜も眠れません。茂木の変わりやすい天気も気になります。キャンプ電気や水道、お風呂やトイレなどが気になる人も多いでしょう。できればユースホステルのような簡易宿があるともっといいですね。

私もそうですが、自転車乗りは目的地がイメージできると走行距離が算出できるので旅プランが立てやすく、そして迷わずGO!の人が多いと思います。私に時間があれば、絶対にトライしてみたいプランです。

 

実は ”宇都宮は自転車のまち”。3年ぶりにジャパンカップ サイクルロードレースもやってくる!

F1日本GP が終わった翌週の 10/14~10/16 、自転車ファンが待ちこがれていたジャパンカップ サイクルロードレースが 3年ぶりに開催されます。場所は栃木県宇都宮市です。

モースポファンにとって栃木県と言えば「モビリティリゾートもてぎ」でしょう。自動車産業の研究開発施設や事業所も多いため、自動車のイメージが強い宇都宮ですが、実は「自転車のまち宇都宮」なのはあまり知られていないように思います。

www.city.utsunomiya.tochigi.jp

 

ジャパンカップ サイクルロードレースですが、初日はチームプレゼンテーションが、2日目は宇都宮市内の特設コースを周回するクリテリウムが、3日目は森林公園(福岡町)コースを周回するレースが開催されます。世界の第一線で活躍する選手たちが参加するだけに、毎回 10万人近い観衆が国内外から集まります。海外選手はみな世界の第一線で活躍する選手ばかりです。

www.japancup.gr.jp

 

また宇都宮は日本初の地域密着型プロサイクルロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」の活動拠点でもあります。余談ですが、この地域密着型チームを中心メンバーに地域創生をキーワードにサイクルロードレース地域活性化を進めている JCL(ジャパンサイクルリーグ、2021発足)の会長が片山右京さんです(自身のチームは、チーム右京相模原)。

 

    特設コースの上り地帯は欧州レースのワンシーンのように応援するファンで一杯。

    路面はファンが書き込んだ好きな選手への応援メッセージでいっぱいだ。

     自転車ロードレースではこんな風にコースの高低差を表示します。とても分かりやすい

       出典:上記2点ともジャパンカップ公式ページ

 

YouTubeで2022ジャパンカップサイクルロードレースを観よう!

「2022ジャパンカップサイクルロードレース公式記者発表会の模様をLIVE配信します!
2022/09/11(日) - 17:32 | japancup

http:// https://www.japancup.gr.jp/index.php/news/node/6837

9月14日(水)に出場選手や国内チーム等を発表する「記者発表会」を開催し、今年もオンラインにてLIVE配信をします。その模様は、「YouTubeジャパンカップ公式チャンネル」や、インターネット動画配信サイト「Movemate(ムーブメイト)」でご覧いただけます。

スポーツ実況はもうこのお方に決まり!、サッシャさんです!

さぁ、きっともっと鈴鹿。るるぶ 特別編集「鈴鹿市」をゲット!

昨日、『さあ、鈴鹿 角田裕毅選手 特設応援ブース』@相模原市役所本庁舎を訪れた際に、特別編集版「るるぶ 鈴鹿市」と「鈴鹿の特産品カタログ」が置いてありましたので、今後のスーパーフォーミュラ観戦のときに役立つ!と思い、「るるぶ 鈴鹿市」をいただいてきました。

う~ん、気合がすごい。さすが鈴鹿はサーキットのまちですね!発行年月日は明記されていませんが裏面には『本誌掲載のデータは2021年6月末のものです・・・』という断り書きがありますので、おそらく2021年のF1日本GPに合わせて企画・編集・制作されたのではないでしょうか。

 

製作発行元は鈴鹿市鈴鹿市観光協会です。F1日本GP 直前ということもありますので、たぶんホンダディーラーやカー用品ショップなどで配布しているのではないでしょうか。2022年 F1日本GP には行けなくても、まだまだ国内レース@鈴鹿は続きます。ファン感謝デー的なイベントもあります。ぜひ、この特別編終盤「るるぶ 鈴鹿市」を入手して鈴鹿に遊びに行ってみてください。週末はサーキットでレース観戦をして、プラス有休!でお隣の桑名へ、あるいは鳥羽・賢島へと足を延ばしてみてください。

 

       ※私は鈴鹿市を応援しています!私設応援団として

        以下全ページを転載させていただきました。


 

カメラとサーキット Now and Then

     出典:HONDA RACING GALLERY、「中嶋悟とHonda、最強タッグの始まり」より

 

1981年、i&iレーシングと中嶋悟選手が全日本F2選手権を制覇しました。中嶋悟選手のマーチホンダ812 は白一色のマシンに日の丸と赤い "Canon" "HONDA" のロゴが映えてとてもカッコよかった。ヘルメットも赤白基調のデザインでした。コックピットカウルには丹頂鶴のマークもあり、当時チーム監督だった生沢徹さんの現役時代を彷彿させるデザインでした。

 

カメラも写真も素人だった私は、この マーチホンダ812 が疾走するキヤノンのCM『連写一眼! Canon AE-1プログラム(中嶋悟・マーチホンダ編)』を見て AE-1P と望遠レンズを買いました。それが私の最初の一眼レフカメラでした、サーキットに行かなくなってスナップ撮影が増え、もう少し簡単なオートフォーカス一眼レフがいいなと思うようになり、欧州渡航前に EOS 10 に買い替えました。でも私が ”カメラ小僧"(笑)だったのは AE-1P まででした。EOS10 は素晴らしく使いやすいカメラでしたが、 AE-1P ほど大活躍することはありませんでした。

 

先日のモビリティリゾートもてぎ Rd.8 のとき、カメラ小僧に混じって大きな望遠レンズ付きデジイチを持った女性ファンが結構いることに気がつきました。素晴らしいですね。これは私が全日本 F2 のカメラ小僧だった頃にはなかった傾向だと思います。

 

www.honda.co.jp

 

カメラ雑誌「CAPA」はスーパーフォーミュラを応援してます!

 

私はいまはこれといって、特別にお話しできるようなデジカメを持ていません。もてぎ Rd.8 ではニコンの8メガピクセルの小さくて赤いコンデジiPhone で写真撮影をしました。素晴らしいカメラを持ったファンを見かけると『いいなぁ』と思いましたが、でも年齢的にこれから買うなら、大きくて重いデジイチよりは、軽くて動画もサクサク撮れる小型軽量ミラーレスがあったらいいなぁと感じていました。

モヤモヤとそんなことを考えていたところ、昨日発売された「CAPA」2022年10月号に面白い記事が掲載されていました。巻頭特集「ミラーレスカメラの今がわかる 価格帯別 BEST モデル決定戦」で、スーパーフォーミュラ(もてぎ Rd.8 )がカメラ評価の被写体として取り上げられているのです。これはカメラ小僧さんはもちろん、写真はスマホ派のファンも十分楽しめる内容です。記事の転載はできませんのでぜひ最新号を読んでみてください。

 

ちょこっとさわりと読後の感想をひとこと。EOS R7(APS-C) の「乗り物優先 AF」ってすごいですね!「乗り物」検出AF と「トラッキング」機能が、老眼の自分には神様のように感じました(笑)。ちょっと試してみたい・・・

 

CAPAのレギュラーコーナー、「流し撮りGP 2022」

写真はスマホ派でカメラも写真も特に趣味ではないというスーパーフォーミュラ・ファンにはあまり知られていないかもしれませんが、実は 「CAPA」はモースポ写真の掲載が多く、読者フォトコンテスト内には「流し撮りGP」という定番コーナーもあります。「CAPA」誌面だけでなく「CAPA CAMERA WEB」でも見られます。またネットオリジナル・コンテンツもあります。最新記事からいくつかピックアップしてリンクをはってみましたのでぜひご覧になってみてください。

 

 

capa.getnavi.jp

capa.getnavi.jp

 

capa.getnavi.jp

 

CAPA2022年10月号はこちらで!

※注意:Kindle版、紙版があります

 

 

『さあ、鈴鹿』角田裕毅選手 特設応援ブース@相模原市役所本庁舎

今回はスーパーフォーミュラねたではありませんが、時期的にやっぱり無視はできないこの話題から。

こちらの「相模原市民ニュース」にもある通り、本日 9/20日から鈴鹿のF-1日本GPに合わせて角田裕毅選手の応援展示が始まりました。

kumin.news

 

展示ブース全体の様子はこちら

      ※個人的には2年前?のアメリカGP のときに用意していた

       紅葉デザインタイプをぜひ日本GP で被ってほしいです



幼少期に乗っていたカートも展示

正面玄関入って真正面には、DAZNの角田裕毅選手ドキュメンタリーシリーズ「THE BIRTH OF AN F-1 DRIVER」にも登場していた、角田裕毅選手が幼少期に乗っていたカートが展示されていました。

 

広報「さがみはら」にも特別記事を掲載

いま配布中の相模原市広報誌「さがみはら」にも角田裕毅選手を応援する記事が掲載されています。

 

機会があれば深堀りしたい。なぜ相模原市出身のレーサーが多いのか?

なぜか相模原出身のレーサーは多い。F-1なら角田裕毅選手に片山右京さん。2019年に女性ドライバー限定のフォーミュラ選手権「Wシリーズ」に参戦し、今年は念願だったフォーミュラ・リージョナルの3代目チャンピオンに輝いた小山美姫さんも相模原出身です。

相模原市を車で走ると小規模な自動車ガレージ(修理や車検をビジネスにしているところ)や部品の卸売りっぽい会社をよく見かけます。中古車販売店カーディーラーも多いように感じます。クルマの存在が身近なのか。モータースポーツに触れる機会や場所が多いとか(例えばカート場が多いとか)?

機会があったら調べてみたいですね。